気ママにしゅふろぐ

0歳児の赤ちゃんの育児をしているはじめてママの日々を紹介♪

便秘で悩む方に騙されたと思って試してほしい腸セラピー

こんにちは。くりいむぱんだです。

今回はしつこい便秘でお悩みの方に向けて記事を書きたいと思います。

私はもともとひどい便秘体質でした。どのくらいひどかったかと言うと、一番ひどかった頃は出ない日が何日もずっと続いて、最終的にはお腹が痛くなり病院に行ってCTを撮ると、便秘によって腸内に便が溜まりまくっていて、下剤を2週間分ほど出されたという恥ずかしいエピソードがあるほどです(^_^;)

便秘に効くと口コミやネット情報で知ったものは、ありとあらゆる方法を試してきました。いろいろな種類のヨーグルトを食べてみて自分の腸に合う菌を探してみたりだとか、通販で値段の高いオリゴ糖を購入して毎日飲んだりだとか、食物繊維がお手軽に取れるスティックタイプの健康食品を試してみたりだとか・・・。しかし、お金がかかる割りにその効果はいつもイマイチでした。

そんな超便秘体質の私が今から紹介する方法で、長年悩んできた苦しくて辛い便秘を解消することができたので、その方法をここで紹介したいと思います。

 

今から記事内で紹介する方法は、私が5年程前、便秘にピークで苦しんでいた頃に「腸セラピー」を専門で自宅で行っている方の所に行き聞いた方法です。私は腸セラピーについての専門の知識や資格などは何もなく、ただ聞いた話を思い出しながら書くだけなので、専門の方が見ると説明が不十分な点があるかもしれないですがご了承ください。

                         f:id:psaori:20180820155303j:plain

私が受けた腸セラピー

まずはじめに「腸セラピー」に初めて行った時のことを書いていきます。

きっかけはホットペッパーを読んでいる時に、「腸セラピー」を自宅でやっているお店があるという情報を知り興味が湧いたところから始まりました。便秘が解消するというようなことが書いてあったので半信半疑な気持ちも持ちながらも行ってみることにしました。

予約を取るために電話をすると、当日、普段良く食べているものや好きな食べ物、その日までにとった1週間分程度の食事の内容を紙にメモして持って来てほしいということを言われました。

そして当日、言われた通りにそのメモを持参して腸セラピーを受けに行きました。

腸セラピーは、そのメモを見ての問診のようなものから始まりました。私の過去1週間分の食事内容はパンなどの粉物やヨーグルトや牛乳などの乳製品が多く、野菜があまりとれていない傾向にあったのでまずはそれを指摘されました。

今まで私が便秘に良いと思い積極的にとっていたヨーグルトや牛乳などは腸セラピーの世界では良くないとされているという話を聞き衝撃を受けました。ヨーグルトなどの発酵食品は確かに腸には良いのですが、腸セラピーの世界では腸を汚してしまう食べ物でもあるようです。そのため発酵食品をとりたいのであればキムチや納豆などをとるように言われました。

そして、私の現在の食事の傾向を知ってもらった上で、どのような食べ物を積極的に食べていけば便秘解消に繫がるのか、どのような食べ物が腸に悪いのかを教えてもらいました。その内容をまとめていきたいと思います。

 

便秘改善に繋がる腸をきれいにする食べ物

f:id:psaori:20180820155307j:plain

■玄米

玄米は白米と違い米粒が覆われているので、腸壁にへばり付きにくく腸を汚してしまわないそうです。また玄米には便秘に良いとされる食物繊維も豊富です。

■生野菜

「生」というところがポイントだそうです。生の野菜に含まれる酵素が便秘に効果的なのだそうです。生で摂取できる野菜は生で食べた方が良いですが、野菜全般腸に良い食べ物だそうです。糖分の高いじゃがいもやサツマイモなどのイモ類やカボチャなども腸セラピーの世界では腸に良い食べ物とされるそうです。

■植物性たんぱく質(豆腐、納豆、枝豆など)

■水

私は今までは体を冷やさないようにと思い冬場などは白湯を飲んでいたのですが、水は温めることでその粒子が大きくなってしまい腸内で吸収されにくくなるため、常温の状態で飲むのが便秘解消には良いそうです。胃が悪いとかでなければ常温の水でも胃に入ることで体温で自然に温まるため、体が冷えてしまう心配もないそうです。

 

中でも最初に集中的にとると腸内改善が早いもの

■キャベツ

■にんじん

■りんご

生の野菜の中でもこの3つの野菜が特に便秘解消には良いそうです。

 

便秘を悪化させる腸を汚す食べ物

f:id:psaori:20180820155314j:plain

■白い砂糖

腸セラピーの世界では一般的に白いものより黒いものが良いとされる場合が多いそうです。(白米より玄米などのように)砂糖もその代表で使用する時は白いものよりきび砂糖や黒砂糖などの黒い砂糖の方が良いそうです。

■粉物(麺類、パン、お好み焼きなど)

小麦粉を使った麺類やパンなどはご飯よりもさらに腸壁にこびり付きやすく腸を汚してしまうようです。便秘がひどい時は主食は玄米にすると良いそうです。

■動物性タンパク質(牛乳、ヨーグルト、チーズ、肉類など)

 動物性のたんぱく質は腸を汚す油分を多く含むため良くないそうです。また食べる時の調理方法としてはできるだけ手を加えないあっさりした状態で食べるのが良いそうです。お肉なら茹でたり蒸したりするような方法が良いそうで、ウインナーやハムなどの加工食品は特に良くないそうです。お魚ならお刺身で食べるのが腸には1番良いそうです。

便秘改善の食事指導についてはこのように教わりました。

また、具体的な方法としては、中でも最初にとると腸内改善が早いとされるキャベツ、にんじん、りんごを毎食前に水と一緒にミキサーにかけて飲むという方法をおすすめされました。キャベツ、にんじん、りんごはそのまま食べるのではなくミキサーにかけてジュースにしてとるのが良いと言うことでした。ミキサーで細かい状態にして食べることでより体内で消化吸収がしやすい状態になるため腸に負担がかからず便通も良くなるからだそうです。また、たまに市販の野菜ジュースでも良いのだと勘違いしてそうされる方もいるけれど、市販の野菜ジュースには砂糖が入っており、一度加熱しているため酵素は含まれていないため、それでは全く意味がなく必ず生の野菜でジュースを作るように言われました。キャベツ、にんじん、りんごが一番良いけれど、難しければ他の野菜を使っても良いとの事でした。

外で働いているので毎食前は難しいという事を言うと、それなら朝1回だけでも必ずしてほしいという事を言われました。朝は3食の中でも1番空腹で腸内が空っぽな状態なので、そんな状態の時にパンやお肉などの腸を汚す食べ物を口にしてしまうと普通に食べるよりもさらにその食べ物が腸壁に付着して腸内の環境を悪くしてしまい便秘が悪化するのだと聞きました。

また、ある程度便秘が改善されるまでの間は上記に書いた腸を汚す食べ物を一切とらずに、腸をきれいにする食べ物のみをとるようにすることを進められました。

 

そして、このように便秘改善のための食事のアドバイスをしてもらった後は、腸のマッサージをしてもらいました。マッサージはベットに横になってリラックスした状態で深い深呼吸をしながらお腹を手でマッサージしてもらうという方法でした。

その頃の私のお腹はひどい便秘のため、常に硬く張った状態でした。深呼吸を促される通りにすると「呼吸が苦手みたいですね」と言われました。今まで呼吸を意識したことはあまりありませんでしたが、私は知らず知らずの内に日常的に浅い呼吸になってしまっていたようです。便秘の改善には呼吸も関与していて、深い深呼吸で腸の中に空気を入れるようなイメージで呼吸することが大切だと教わりました。

促される通りに深く呼吸しながら硬くなったお腹をグイグイ押してもらいました。30分程度施行してもらい、その後お腹は施行前よりも少し柔らかくなっていました。

腸セラピーでの腸のマッサージの方法についても教わったので紹介しておきます。

 

便秘を改善する腸のマッサージの方法

f:id:psaori:20180820155310j:plain

マッサージは食後1時間は避けて行います。それ以外の時間帯であればいつでもOKだそうです。

深い深呼吸を意識して腸に空気を入れ込むような感じでマッサージしていくのがポイントです。

マッサージを始める時は必ずおへそのすぐ上から押すように言われました。その後は右でも左でもお腹の硬くなっているところや空気が詰まっているような違和感を感じるところを順番などはなくどこでも自由に押してして良いとの事でした。私は腸の動きに沿って、右から左へ「の」の字を書くようにしていました。

どのようにお腹を押していくのかと言うと、手の人差し指から小指の4本指の甲側を合わせて指をまっすぐに立てた状態で力を入れながら指先でお腹を押していきます。

 

私が自宅で実践した腸セラピーとその成果

さて、腸セラピーを受けて、教わったことをさっそく自宅で実践してみることにしました。

私は便秘をできるだけ早く改善したいと思っていたので、ストイックに腸に良い食べ物のみを食べるという方法をとることにしました。職場での飲み会や友だちとのランチなどの時のみそれはできないけれど、その場合も食べる順番を気をつけて最初に野菜などの腸を綺麗にする食べ物から食べるようにしていました。

■主食は玄米。

■飲み物は水のみ、ジュースなどの砂糖の入った飲み物は一切やめました。

■たんぱく質は豆腐や納豆などから毎回摂取しました。

■キャベツ、にんじん、りんごの生野菜ジュースも自宅にいる時は毎食前必ず準備してとるようにしました。

 

また、教わった腸のマッサージも朝起きた時と夜寝る前に1回ずつ1日2回はベットに横になって行いました。

腸セラピーで教わったことを実践する前は、今まで何をしても改善しなかった便秘がまさかこんな簡単でお金もかからない方法で改善する訳がないと思っていました。でも続けることで少しでも良くなれば いいなと考えながら毎日実践していました。

 

そんな風にあまり期待はしていなかったのですが、始めて1週間ほどが経過したあたりで徐々に効果が出始めました。今までは3日に1回程度、しかもすっきりではなく少しだけ出るだけだったお通じが、2日に1回程度、朝のだいたい決まった時間に出るようになりました!そしてそれに伴いカチカチで硬かったお腹もだんだんと柔らかくなってきました。これをさらに続けていくと2週間が経過する頃には、ほとんど毎朝お通じがすっきりとしっかりとした量で出るようになってきました!!今までお世話になっていた便秘薬を飲むこともなくなりました。

そしてある程度便秘が落ち着いてからは、腸に良くないとされるパンやお肉、ヨーグルトなどを食べたり、野菜をミキサーにかけたジュースを飲まない日があってもある程度は整った便通状態を維持することができるようになりました。

まさか食事だけで今まで何年もの間苦しんでいた辛い便秘が、こんなにも簡単に改善するとは思ってもいませんでした。驚きと同時に食事の大切さをすごく実感しました。

 

 現在の私

それから何年も経ち、今現在も私はこの方法を実践しています。今は便秘はそこまで酷いという訳ではないので、朝食前に1回だけ野菜をミキサーにかけたジュースを飲んで、たまにお腹が張るなあという時に腸のマッサージをする程度です。それ以外はパンやヨーグルト、お肉などの腸に良くないとされる食べ物も普通に食べています。それでも充分に効果は得られています。

また、妊娠中はお腹が大きくなり便秘が悪化しがちな上に、飲むことが可能な便秘薬も限られていたので、体に悪いものは一切とらずに便秘が改善できるこの方法に大変助けられました。

 

腸セラピーの方法(まとめ)

長々と書き内容が前後する点もあったかと思うので、最後にもう一度、腸セラピーの方法をまとめたいと思います。

●便秘改善に繫がる腸を綺麗にする食べ物●

・玄米

・生野菜(特にキャベツ、にんじん、りんご

・植物性たんぱく質

・水

●便秘を悪化させる腸を汚す食べ物●

・白い砂糖

・粉物

・動物性たんぱく質

1.食前に(できれば各食前)生野菜をミキサーにかけたジュースを飲む。

2.便秘がひどい期間は重点的に腸を綺麗にする食べ物のみ摂取するようにし、腸を汚す食べ物は摂取しない。

3.腸のマッサージを適宜行う。

ざっくりとまとめるとこのような感じです。

 

最後に

私はこの方法で便秘が改善されたのですが、もちろん体質的に合わないという方もいらっしゃると思いますし、便秘に良い食べ物としてヨーグルトや牛乳などを推奨する考え方もあるかと思います。

ただ一個人の体験談として便秘の改善にこの方法がものすごく効果的だったので、お金もかからないしすぐにでも始められる健康的な方法なので、便秘に悩んでいて興味がある方には是非1度試してみてほしいなあと感じて、この方法を紹介させて頂きました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。