気ママにしゅふろぐ

0歳児の赤ちゃんの育児をしているはじめてママの日々を紹介♪

ケーキ屋さんでのアルバイトを経験して 仕事内容や良かったことなどを紹介

こんにちは。くりいむぱんだです。

キラキラしたショーケースの中に、たくさんの種類の美しくデコレーションされたおいしそうなケーキが並び、甘い香りが漂っているケーキ屋さん♡

訪れるだけでワクワクした気持ちになる、そんな場所で一度働いてみたい!と憧れを持っているスイーツ好きの女子は多いのではないでしょうか?

 

今回はケーキ屋さんでのアルバイト経験がある私が、その仕事内容や、働いてみて良かったこと、大変だったことなどを、いろいろもろもろ記事にまとめていきたいと思います。

ケーキ屋さんでアルバイトしてをみたいけど、実際のところはどんな感じなんだろう?と思っている方は是非参考にしてみてくださいね♡

 

ケーキ屋さんでのアルバイトの仕事内容は?

f:id:psaori:20181007000107j:plain

1.お客様への接客、販売

アルバイトの場合は基本的に製造の作業ではなくお客様への接客が中心になってくると思います。

私の働いていたケーキ屋さんでは、ケーキの他にも焼き菓子やソフトクリームも置いていて販売していました。

ケーキの場合は、注文を受けたらショーケースからそのケーキを取り出して、箱詰めして渡すだけなので単純でしたが、贈り物用の焼き菓子やソフトクリームを注文された時は、まだ慣れないうちは大変でした。

焼き菓子は贈り物用などの場合は、キレイにラッピングしてリボンを巻いたり、箱詰めして包装紙で包んだり、のしに名前を筆ペンで書いてかけたりします。長年働いている社員さんなどは手慣れていてささっと済ませてしまえるのですが、慣れていない私は、ラッピングのクオリティが低くなってしまったり、包装紙で上手く包めず時間がかかってしまったり、のしに書く名前が上手く書けなかったりして、お客様に申し訳ない気持ちになることも多かったです。

また、ソフトクリームの販売も慣れないうちは上手く巻けなかったり倒してしまったりすることもありました。見ている分には簡単そうに見えるかもしれませんが、実際にしてみるとこれが結構難しいんです(>_<)

コツをつかんで慣れてくると高速でささっと巻けてしまえるのですが、それまでが大変でした。でも幸い私が働いていたケーキ屋さんの店長さんは、ロスは気にしなくて良いから慣れるまで何回でも練習したら良いよ。と言ってくれていたので、時間がある時に何回も繰り返し練習していました。

 

2.簡単な製造作業

ケーキに生クリームを塗ってデコレーションするなどの大事な製造作業は、社員さんがしていましたが、簡単な製造作業であれば私たちアルバイトでもさせてもらえていました。例えば、お誕生日などの記念のケーキのチョコプレートにお名前をチョコペンで書く。シュークリームやコルネをオーブンで焼いて、(私の働いていたお店ではシュークリームやコルネの生地は冷凍だったので)クリームを詰める。などといった作業です。

チョコプレートにお名前を書くのは、これも慣れないうちは上手く書けなくて、挑戦しても結局ダメで社員さんに代わってもらう。ということも最初のうちは多かったですが、回数を重ねるごとに慣れてきて上手く書けるようになりました。周りにお花やニコちゃんマークなどのイラストを描く余裕までも出てきました♪

きれいに書けて「こちらでよろしいですか?」とお客様に見せた時に、「かわいい♡」と嬉しそうな顔をして頂けると、私自身もとても嬉しい気持ちになりました。

シュークリームやコルネにクリームを詰めるのは甘いクリームの香りに包まれながら作業できるので、少し幸せな気分になりながら行える仕事で楽しかったです♡

 

ケーキ屋さんでのアルバイトをしていて良かったと感じたこと

f:id:psaori:20181007000507j:plain

1.いろいろと勉強になった

どんなアルバイトをするにしても、そこから学ぶことはきっとたくさんあると思いますが、ケーキ屋さんの場合はまず、接客が中心になるので、きれいな言葉遣いや対応、態度などを学ぶ良い機会になったと思います。

また、贈り物の焼き菓子などにかけるのしや包装紙の包み方などは、その用途によって違ってきます。

のしは結婚祝いなら1度きりが望ましいので結び切りののし。出産祝いなら何度あってもおめでたいことなので蝶結びののし。包装紙はおめでたい用途で使用する場合は、明るい色合いの物で、右側の紙が上になるように包む。仏事用の時は暗い色合いの物で、左側が上になるように包む。というような大人でも意外と知らないような知識やマナーなどをたくさん学ぶことができました。

 

2.簡単な製造作業もさせてもらえた

私はもともとお菓子を作ったり、何か細かい作業をしたりするようなことが好きだったので、ケーキ屋さんでのアルバイトで、日常的にそのようなことができるのはとても楽しかったです。また、アルバイトを続けているうちに最初は不慣れだったことも、だんだん上手くできるようになり、自分の好きな分野のことを得意分野にも伸ばせていけたので、ためになったし良かったなぁと感じています。それにもともと興味のあることだったので仕事自体も楽しかったです。

 

3.仕事がそんなに忙しくない

ものすごく人気のあるケーキ屋さんなどだと、ひたすらお客さんが途絶えなくて忙しいところもあるかもしれませんが、ケーキ屋さんは基本的に飲食店やスーパーのレジ打ちのアルバイトなどと比べたら暇な時間も多いと思います。なので割とマイペースにお仕事ができると思います。

空いた時間もショーケース内のケーキの補充をしたり、ギフト用のお菓子のラッピングをしたり、焼き菓子の箱を折ったり、と何にも仕事がない訳ではありませんでしたが、急いでせかせかとするようなことでもなかったので、他のスタッフとお話ししたりしながらゆとりを持ってできる感じでした。

 

4.ケーキを買いに来る人に悪い人はいない

居酒屋やコンビニなどでアルバイトをする場合は酔っ払いに絡まれたり、変なクレームをつけられたりすることもあると思います。ケーキ屋さんの場合ももちろんゼロではありませんが、私の働いていた限りでは、こちらに明らかに非がない限りはなかったように思います。

それにケーキはお誕生日や何かの記念日、イベント事などのお祝いの時に準備することが多いですよね♪お誕生日ケーキをお母さんと一緒に買いに来た小さな子どもが、嬉しそうにケーキを受け取るのを見ると、何だかこちらまで気持ちが弾んできて、「おめでとう」という微笑ましい気持ちになれました♡

誰かへの贈り物として、どんなお菓子を選べば良いかなど相談されるようなこともあり、上手く対応できた時は相手の役に立てて嬉しかったし、喜んでくれているお客様の笑顔に気持ちが和みました。

ケーキ屋さんにはそんな風に、人との温かいやりとりが溢れていたように思います♡

 

5.大好きなケーキがたくさん食べられた♡

これはお店によっても決まりが違ってくると思いますが、私のアルバイトしていたケーキ屋さんでは、売れ残りのロスのケーキや、焼いた当日限りしか販売が出来ないシュークリームやコルネは、自由に持って帰って食べて良いことになっていました。

甘いものが大好きな私にとっては、これはとても嬉しかったです♪ケーキ屋さんでアルバイトしていた頃は今までの人生の中で1番よくケーキを食べていたと思います。

 

ケーキ屋さんでのアルバイトをしていて大変だったこと

1.ケーキのショーケースは冷たいので冬場は冷える

ケーキ屋さんは冷たいショーケースの前に立って接客をしないといけないので、足元を中心にとても冷えます。また、注文されたケーキをトングで取る時は、その度に冷たいショーケースの中に手を入れるので、夏場はひんやりと気持ちが良くても冬場は手がかじかんでこたえました。

冬場のケーキ屋さんでのアルバイトはカイロが欠かせませんでした。

 

2.クリスマス・年末年始は大忙し!

ケーキは何かのイベント事の時によく売れるものです。特に年に一度のクリスマスの時はどこの家庭でもたいていケーキを食べますし、年末年始などの親戚同士で集まる時なども、甘いケーキや焼き菓子を準備しておく方は多いです。なので、この時ばかりは、普段は優雅な時間が流れているケーキ屋さんでも大忙し!!

私のアルバイトしていたケーキ屋さんは、9時開店だったのですが、クリスマス、年末年始に限っては、まだ辺りが暗い6時頃から社員もアルバイトもみんな一斉にお店に集まり、開店準備をしていました。

そんなに早くから集まって何をするの?と思う方もいるかと思いますが、これが結構することが多いんです。まずは工場から多量に届いているケーキを台車にのせて、倉庫からお店に運びます。それだけでも何往復もしないといけなくて大変(>_<)そしてその後も注文を受けたホールケーキなどがちゃんと工場から届いているかどうか、一つひとつ確認して伝票を貼っていったり、ケーキの上にのせるいちごに傷んだものがないか丁寧に検品したり・・・。といった具合にすることはたくさんあってあっという間に開店時間の9時になっていました。

お店が開店してからはさらに忙しくて、次から次へとお客さんが途絶えなくて、常に行列ができている感じでした。

でもクリスマスや年末年始は忙しい分、特別手当がつきお給料が上乗せだったので良かったです。クリスマスの予定が特になかったり、家で寝正月しているくらいなら外でお金を稼ぎたいという人には良いかもしれませんね。

 

ケーキ屋さんのアルバイトはこんな人が向いてる

 

私がケーキ屋さんでのアルバイトを経験して、こんな人がケーキ屋さんのアルバイトには向いてるなぁ。と個人的に感じたことをまとめてみます。

1.甘いものが好き

甘いものが好きな人なら、甘い香りに囲まれて仕事ができるのは幸せな気分になれるし、上記にも書いたように、売れ残ったケーキをもらえるなんてこともケーキ屋さんによってはあるので嬉しい話ですね。

2.お菓子作りに興味がある

お菓子を作ることが好きな人なら、ケーキ屋さんでのアルバイトを通して、簡単な作業はさせてもらえるのでとても楽しく仕事ができると思うし、勉強にもなると思います。また、実際には自分はできない作業でも、社員さんがしているのも横で見るだけでも参考になったし楽しかったですよ。

3.手先が器用

ケーキは繊細なので丁寧に取り扱わないとすぐに崩れてしまいます。また、ケーキ屋さんには焼き菓子なども置いてあるところがほとんどで、贈り物用にラッピングなどをしないといけないことも多いので、手先の器用さに自信があったり、細かい作業をすることが好きな方は向いていると思います。

4.クリスマスや年末年始に仕事で忙しいのを苦に思わない

ケーキ屋さんは上記にも書いたように、クリスマス・年末年始が大忙しで、休みがもらえないことも多いと思います。なのでクリスマスは友だちや恋人と一緒に1日過ごしたい。年末年始はお家でのんびりしたい。というような方にとってはあまり良くないかもしれません。

5.慌しい環境の中で働くのは苦手

ケーキ屋さんはせかせかと慌しく仕事をするというよりは、接客も含め一つひとつの作業を丁寧に行いながら仕事をする。という感じだったので、マイペースな人でも働きやすいと思いました。

6.人と関わるのが好き

ケーキはお誕生日や記念日などの特別な日に食べるものなので、それを買いに来るお客様も何だか嬉しそうです。人と関わることが好きな人であれば、そんな風に相手の喜ぶ顔を仕事の中で見られるのは、とても嬉しく思えて心地よさを感じると思います♡

まとめ

ケーキ屋さんでのアルバイトは時期によってはとても大変でしたが、比較的マイペースにお仕事ができたし、学ぶこともとても多かったのでやって良かったなぁと感じています。

甘いものに目がなかったり、お菓子を作るのが好きだったりするスイーツ女子には是非おすすめなアルバイトだと思います☆

さいごまで読んでくださりありがとうございました。