気ママにしゅふろぐ

0歳児の赤ちゃんの育児をしているはじめてママの日々を紹介♪

パンは30分でもおいしく焼き上がる?2時間かけて作ったパンと比較してみました。

こんにちは。くりいむぱんだです。

先日久しぶりに自宅でパン作りをしました!今回は以前からずっと気になっていた「30分で本格簡単パン」というクックパッドのレシピを参考にして作ってみました。

私は以前ABCクッキングスタジオというお料理教室に通っていて、パンを作る時はそこで教わったレシピを参考にして作っていました。そこで教わったパン作りの工程は、時間をかけて生地をこねたり、一次発酵、二次発酵と長い時間をかけてゆっくりと低温でパン生地を膨らませたり、ベンチタイムと言って、数十分の間パンを常温で寝かせたり…。全部の工程を合わせると出来上がるまでに2時間程度はかかるものでした。

本来のちゃんとした作り方であればそんなに時間がかかるパン作りなのに、30分の短時間で本当においしくできるの?そう思いながらも、これで美味しく手間なく出来上がるなら最高!と思いトライしてみました☆

30分でできるパン作りのレシピ

さて、その参考にした噂のパンのレシピはこちらです▼▼

cookpad.com

パン作りでは本来は40℃くらいのほんのり温かい程度の温度でじっくりと発酵させるのですが、このレシピでは電子レンジでチンして急速に温めることで発酵を促進させるという何とも斬新な技でパンを作ります!!

30分でできるパンを作ってみた感想

いつもは2時間もの時間をかけてパンを作っていましたが、この短時間で作る方法でもちゃんとパンは膨らみ、焼き上げることができました。レシピでは普通の丸パンですが、私はアレンジして中にウインナーを入れてクルクルと巻いてロールパンにしてみました♪レシピの3倍の量で作ったので、発酵や焼き時間は様子を見ながら少し長めにしてみました。こんな感じに普段2時間かけて作る時と同じように、ちゃんとふっくらと膨らみこんがりと焼き上がりました▼▼

f:id:psaori:20181015212244j:image

ただ今回は少し焼き時間を長くとりすぎてしまったためかこんがりしすぎてしまいました(^^;)

牛乳の分量は少し少なめにしておいて、こねている時に生地が固いようなら後から追加する感じが良いと思いました。牛乳の分量が多すぎると生地がベタついてこねにくいしなかなかまとまらなくなってしまいます(>_<)後から追加する場合は牛乳は人肌程度に温めてから追加してくださいね。

30分でできるパンを食べてみた感想

焼き上がりの見た目は、じっくりと低温で発酵させたパンよりも表面が乾燥している感じでした。これは高温で急速に発酵させている分、水分が余計に飛んでしまうので多少はしょうがないのかもしれません。手で持ってみると、手作りパン独特なずっしりとした重み。食べてみると、きちんと時間をかけて丁寧にこねて作ったパンと比べるとパンのもっちりとした食感は欠けていましたが、バターの甘い風味が漂い味はとても美味しかったです♪私はこのレシピよりもお砂糖の分量を減らして半分の量にして作ってみたのですが、バターや牛乳が入っている分、お砂糖の分量が少なくても十分に甘味を感じました。

ちなみに今回はかぼちゃの手作りシチューと一緒に添えて夕食の主食にしてみました♪

f:id:psaori:20181015212307j:image

f:id:psaori:20181015212313j:image

市販の食パンなどだとあまり腹持ちが良くありませんが、手作りパンだとずっしりとしている分、小さくても割とお腹が膨れます。(まぁその分きっとカロリーも高いのですが…。)

ちなみに私がいつもパンをこねる時に使っているマットがこちらです▼▼

シリコンなので折りたたんでコンパクトに収納できて邪魔にならないのでとても便利です。中央や再度に目盛りも付いていて形成の時の目安になるところも使いやすくてオススメです。30分の短時間でこんなに簡単にパンが焼けるのなら気軽に頻繁に作れるからいいなと思いました。また近い内に別のアレンジをして作ってみたいと思います☆少し甘さ控えめに作って息子の離乳食にしてみるのもいいかも…なんてことも考えています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。